「まつげ美容液」「まつエク」「つけまつげ」どれが一番おすすめ

女性にとって「まつ毛」は顔の印象を決めるとっても重要なパーツです。長くてくるんとカールしているまつ毛は、女性らしさを演出するので、そのようなまつ毛になるように毎日お化粧に励む方も多いと思います。

お化粧以外にも気軽な方法として、「まつげ美容液」「まつエク」「つけまつげ」の使用なども人気ですが、この中で一番おすすめなのはどの方法なのでしょうか。

それぞれの方法をメリット・デメリットとともにご紹介していきます。

まつげ美容には「まつげ美容液」「まつエク」「つけまつげ」のどれが一番おすすめか

メリット・デメリットがありますので、人によって一番おすすめがどれかというのは変わります。

費用はかかりますが、一番綺麗に仕上がるのは「まつエク」です。一か月から二カ月に一回ほどメンテナンスとして通わなければいけませんが、毎日自分で何かする必要はないので面倒くさがりの人にはぴったりです。

人にしてもらうのでとても綺麗なまつ毛になりますが、費用は毎回かかってきてしまうので、それでも良ければおすすめの方法でしょう。すっぴんでもまつ毛が長い状態でいられるのが嬉しいポイントです。

注意点として、「まつエク」で付けたまつ毛は取れやすいので、お化粧を落とす際にオイルクレンジング等を使うのは控えるようにしてください。「まつエク」対応のクレンジングが市販でも売っているので、そちらを選ぶようにしましょう。

また、毎日うつぶせなどで寝てしまうと綺麗に付いたカールが曲がってしまうので、そちらも気を付けてください。

費用がかからず、手軽に毎日付けることができるのが「つけまつげ」です。安いものは100円均一で売っていますし、使い古したら新しいものを気軽に買えます。

デメリッととしては、付け方が少し難しく、不器用な方は装着に苦労するかもしれません。

そして、「つけまつげ」はのりでまぶたに付けますので、取る場合には皮膚を少し引っ張ることになります。これが皮膚にとってのダメージとなり、まぶたが少し伸びてしまうということもあるようです。

自然なタイプを使えば問題ありませんが、いかにも「つけまつげ」を付けている、とばれるような場合もあるので見栄えを気にする方には向いていないかもしれません。

カットして、一部分のみ付けるようにすると自然に目力がアップできるのでおすすめです。

まつ毛を優しく育てたいのであれば、「まつげ美容液」の継続的使用が良いでしょう。

「まつげ美容液」は様々なメーカーから出ています。大きく分けると市販されているタイプと美容外科などで処方されるタイプの2種類に分けることができます。

市販されているタイプは、各種化粧品メーカーから様々な種類のものが発売されています。メリットは手軽に利用できる反面、デメリットとして見違えるような変化は期待できないということです。

一方美容外科で処方されるタイプは、医薬品メーカーから発売されており代表的な商品はルミガンです。市販のタイプと違い利用するハードルが高い分、見違えるような効果が期待できます。ルミガンのくわしい効果や詳細については「ルミガン通販ガイド」をご覧ください。

まつげ美容液は、まつ毛そのもの自体を強く、ハリのある状態に育てていくので、すっぴんでも目力がアップします。デメリットとしては、効果が出るまでに時間がかかることと、市販のタイプのものは見違えるような変化は期待できないということです。

ですが、ワンステップでまつ毛を伸ばせるのでぜひ毎日の習慣に取り入れて欲しい方法です。

どの方法もメリット・デメリットがありますので、自分に合った方法を選んで、ぜひ素敵なまつ毛をゲットしてください。